新宿の小劇場【タイニイアリス】は2013年に30周年を迎えます
有志メンバーで30年間にアリスで上演された公演や
都市間の交流、海外小劇場との交流公演などの資料を整理し、
展示・講演・出版をめざす作業の日々を綴ります
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
第一回深読み作業(二次分類)
 2012年4月20(金)9:00〜13:00
【参加者】金世一、李知映、鈴木アツト

フェス資料の二次分類(深読み)をする前に、
まず出版する内容を、まず列挙しました。

・目次
・企画趣旨
1部
・西村博子挨拶
・有名演劇人挨拶(日本)ex.唐十郎、白井晃、鈴木裕美
・アリス全年表分析(評論家による)
・アリス全年表
2部
・丹羽文夫挨拶
・有名演劇人挨拶(韓国、香港、台湾、中国)ex.李潤澤、オ・テソク
・フェス分析
・フェス年表
3部
・I am aliceについて
・I am alice
・Cut Inについて
・Cut In
※「I am alice」と「Cut In」はスキャンをし、CD制作を考えています。
3部として出版物に組み込むかは未定です。

その他で話した内容は、
・フェス資料の二次分類(深読み)の責任者は、李知映。
・全体年表の責任者は鈴木アツト。
・I am aliceの収集の責任者は李知映。
・Cut Inの収集の責任者は鈴木アツト。
・4月中に、全体年表の作成の基準作り(時間がどれくらいかかるか等)と締切を設定をする。

| 02:23 | 資料整理作業記 | comments(0) | trackbacks(0) |
Cut Inについて(随時更新)

 Cut Inについて

今、無いのがわかってるのは、
No.10、11、24、26、29〜31、33

No.34〜60は、タイニイアリスHPにアップされている。
http://www.tinyalice.net/cutin/index.html

| 11:27 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
第二回目次会議
2012年1月20日(金) 18:00〜
【参加者】金世一、鈴木アツト、まつながかよこ、李知映、宋莉淑

第二回目次会議

次第
(1)宋さんを迎えて
(2)今回の資料の確認と、これまでの活動を振り返る。
(3)年表の様式をどうするか?
(4)目次の章立てにあたり、もう一度、資料を検討する。
(5)スキャン作業の締め切りと割り振りについて
(6)その他の作業の割り振りについて
(7)次回の集まりについて

配布資料
(1)タイニイアリス30 四つの事業(作成者:鈴木アツト)
(2)タイニイアリス30 活動年表(作成者:鈴木アツト)
(3)小劇場タイニイアリス三十周年企画書(作成者:李知映)
 

【会議のまとめ】
(1)(2)(7)は省略。

(3)年表の様式

日時、何日間、作品名、団体名、作、演出、キャスト、チケット代、
の8項目で作っていくことに決める。

フォーマットの作成はまつなが、
入力作業は宋が責任者とする。
(責任者だけが作業をやることは無いようにする)
また、最初の入力作業はできるだけみんなで集まって、
例外があった場合などの対処を決める。

(4)目次の章立て

大まかな方向性として、
1.挨拶
2.趣旨
3.タイニイアリスを使った劇団の共通性
(タイニイアリス全公演年表から見えるもの)
4.交流の場や芸術経営の面から
(アリスフェスティバルの年表から見えるもの)
5.アリス・プロデューサーが作っていきたかった演劇
(アリス制作公演、東アジア演劇祭、LittleAsiaNetworkの年表から見えるもの)

こういったものにしていく。

(5)スキャン作業李知映を責任者として、基本的には二人以上で作業していく。
場所は東大の研究室。3月末までには終えたい。次回の作業予定日は、2/1。
 
(6)
鈴木アツトと金世一が年表入力の際に出てくる、
詳細不明公演の、データの穴埋め作業の責任者とする。
| 10:02 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
第一回目次会議

2011年12月29日 17:00〜18:30
【参加者】 金世一、李知映、鈴木アツト、まつながかよこ、森田小夜子(遅刻)

最後に集まってから(10/5)ほぼ2ヶ月ぶりの会議。
作業再開にあたって、これまでの作業をまとめ、
整理した資料が全く用意されていないという意見が出る。
今後は、会議の頭で、必ず、前回までの状況を確認してから、
話し合いができるようにしようという提案が金から出る。
新しく参加するメンバーでも、
スムーズにこの企画に参加できるようにするためにも。
その整理担当は鈴木。


本日の主題は、目次。
タイニイアリス30周年に合わせて、本を出版することが決まっているのなら、
本の章立てを決めてから、イベント全体の構成を考えてもいいのではないか、
ということで、目次をどうするかを話し合う会議。
まず、持ち寄った本、それぞれの良さ・悪さを照らし合わせる。


1.グラフ前進座
前進座の活動を、10年毎に区切って、その時期の特徴と写真を載せている。
巻末には、作品の年表、前進座が上演した全ての作品・演目
・作演出・スタッフ・配役が載っていて、
その時期にどれくらい芝居をやっていたかがはっきりわかる。

前進座がスターシステムでやってきたこと、
演じられる人が死んでしまって、歌舞伎のレパートリーが、
減ってきていることも、同時に見える。
以上のことから、
‘睇的には、座内の結束を固め、プライドを感じることができるという役割。
対外的には、前進座を研究する人のための研究資料。
以上、二つの目的がこの本にはあることがわかる。


2.韓国のPAMS(見本市)の冊子。
ジャンル毎(演劇・ダンスなど)に区別して、公演の写真を入れて紹介している。
韓国の作品を海外に紹介するカタログ的なもの。


3.THEATER/TOPS 1985-2009
プライド的な主観的な記事は少なく、
公演データなど客観的な材料だけ載せているという印象。
使用回数別ランキングがおもしろい。


4.ピッコロ劇場・30周年の歩み
県知事の挨拶、芸術監督や舞台美術家たちの言葉、
関わった人たち・外部の人たちの批判などが頭に掲載されている。


ここで、今回、どのような目的で本を出版するのか?
東京の30年間の小劇場の出来事も入れるか?等が話題に出る。
となると、年表をどうするかが重要になってくる。
年表は、劇場(貸し劇場としての)・タイニイアリス制作公演
・アリスフェスティバルの三つがあり、
分かれているが、一緒に見られるようなもの
(例:公共劇場の10年の年表のような形)にしたい、という意見が出る。

また、年表の中で何を見せるか?
とりあえず、日にちと場所を明確にするが、時間はどうするか?
ある客観的な整理をしておいて、
調べたい人の糸口になるようなものにすれば良い、という意見が出てくる。
また、上演名簿を次の会議の時に、用意する。
チラシのスキャンの問題は時間の関係で結論が出ず、会議終了。

| 00:41 | 資料整理作業記 | comments(0) | trackbacks(0) |
第十一回資料整理
2011年9月28日(水)
13:00〜18:30 第11回資料整理

【参加者】
金世一、森田小夜子、まつながかよこ、鈴木アツト

【成果】
ダンボール1個程

【整理日誌】
一次分類がひととおり終わる。

87年に南河内の釜山公演があり、
88年の資料に、池袋の東京国際演劇祭に関する資料が出てくる。
89年から、助成金の申し込みをするようになり、、
90年から、韓国等から、劇団を呼ぶようになったのは、
この東京国際演劇祭と関連がないとは言えないのではないか?


【ポスターの保存状態】
丸めたポスター
1988,1992,1997,2000,2001,2002大,2002小,2003,2004

折ったポスター
1987,1988,1989,1990,1992,1998穴あき,1999,2002,2004,2008,


【整理済みダンボールの中身】
Fes機
‘83〜‘87(‘85はチラシのみ),
‘88
‘89
‘90

Fes供
‘91
‘92
‘93
‘94

Fes掘
‘95〜‘96
‘96
‘97
‘97 Little Asia

Fes検
‘98
‘98
‘98 Little Asia
‘99(Little Asiaも含む)

Fes后
‘00 (Little Asiaも含む)
‘01 (Little Asiaも含む)
‘02 (Little Asiaも含む)
‘03 (Little Asiaも含む)

Fes
‘04
‘05
‘06
‘07 (チラシ無し) 
‘08 (チラシのみ)
‘09 (チラシのみ)

印刷物: 
84〜99のAFチラシ,ポスター
00〜のAFチラシ,ポスター
I am Alice(今まで出てきたもの)
Cut In(今まで出てきたもの)

その他機
アリス劇場関連その他 ↓
・西村さんと丹羽さんの個人的なもの(手紙など)
・オープニングパーティーの写真
・'88の他劇場の上演チラシ
・TA公演スケジュール'87の9月〜'90の12月
・産経新聞―小劇場の顔
・海外芸術家,'95'97アジア舞台芸術家
・劇場運営
・写真
・榴華殿資料
など

その他供
TinyAlice制作の公演資料を中心に
・態変の資料
・郡司歌舞伎の資料
・南河内の上海/北京の資料
・サンシッキム'90
・死婚'91
・セウォリチョッタ'93
・役者たちの音楽会'84
・人魚伝説'92
・イラク来日公演'04
・ラコタの月'05
・家族の神話'99'02
など
| 23:59 | 資料整理作業記 | comments(0) | trackbacks(0) |
第十回資料整理
 2011年9月20日(火)
13:00〜18:00 第10回資料整理

【参加者】
金世一、李知映、森田小夜子、鈴木アツト、まつながかよこ

【成果】
ダンボール1個半程

【整理日誌】
ほぼ全ての年の資料が、何らかの形で出てくる。
| 23:59 | 資料整理作業記 | comments(0) | trackbacks(0) |
第九回資料整理
2011年9月14日(水) 
13:00〜18:00 第9回資料整理 

【参加者】 金世一、李知映、森田小夜子、まつながかよこ

【成果】 ダンボール3個程

 
写真は資料整理風景
| 23:59 | 資料整理作業記 | comments(0) | trackbacks(0) |
第八回資料整理
2011年9月5日(月) 
12:00〜19:00 第8回資料整理

【参加者】 金世一、李知映、森田小夜子、鈴木アツト、まつながかよこ 

【成果】 ダンボール3個

【整理済みダンボールの中身】 
Fes機83〜87(83はチラシ・Massのみ、85はチラシのみ),88,89,90,91, 

Fes供94〜95,98,98,99 

Fes掘93,00,01,02(制作、チラシのみ),03〜09のチラシ(07だけ無し) 

Fes検92,96,97,97, 

印刷物: 
84〜99のAFのチラシとポスター
00〜のAFのチラシとポスター
I am Alice(今まで出てきたもの) 
Cut In(今まで出てきたもの) 

その他機
アリス劇場関連その他 ↓◆AFに関係ないもの) 
西村さんと丹羽さんの個人的なもの(手紙など) 

その他供TAが制作した公演の資料 

【整理日誌】
李潤澤氏を取り上げた新聞記事などが出てくる。 
80年代と90年代前半は、様々なところでタイニイ関連記事がピックアップされていた。 
90年代前半、助成金がたくさん取れていた時期の資料が出てくる。
申請したのにも関わらず、行われない公演や、時期がずれる公演などがあったようである。


 
写真は資料整理終了後の宴での金世一さん
| 23:59 | 資料整理作業記 | comments(0) | trackbacks(0) |
第七回資料整理
 2011年8月31日(日)
14:30〜19:30 第7回資料整理

【参加者】
金世一、李知映、森田小夜子、鈴木アツト、まつながかよこ

【成果】
ダンボール2個半程

【整理済みダンボールの中身】
Fes機86,87,88,89,90,91,92,93,94,95

Fes供96,97(制作のみ),97(AsiaNetwork),98,98,99

Fes掘00,01,02(制作、チラシのみ),03〜09のチラシ(07だけ無し)

印刷物: 84〜99のAFのチラシとポスター
 00〜のAFのチラシとポスター
 I am Alice(今まで出てきたもの)

その他機Д▲螢昂狆豐慙△修梁将 ↓◆AFに関係ないもの)
 西村さんと丹羽さんの個人的なもの(手紙など)
 TAが制作した公演の資料

【整理日誌】
久し振りに5人揃ったためか、すこぶる捗り、ダンボール3箱分近くも整理が進む。
ある人の、通訳のギャラの安さを訴えるファックスや、
若かりしプロデューサー丹羽が、写真付きで取り上げられている掲載雑誌などが出てくる。
| 23:59 | 資料整理作業記 | comments(0) | trackbacks(0) |
第五回資料整理
 2011年7月24日(日) 晴れ
16:00〜19:00 第五回資料整理

参加者
金世一、李知映、森田小夜子、鈴木アツト

約2ヶ月ぶりの集まりでした。
どういう状況だったのか、だいぶ忘れてしまったので、まず現状の確認。

【1.現状の確認】
今、我々がやっている整理は、二つの大きな柱がある。
1、アリスフェスティバル(以下、AF)の資料整理
2、劇場・上演記録(タイニイアリス上演記録のリストを作るため)の整理
これはそのままタイニイアリス(以下、TA)の活動の柱でもある。

※ただし、2はまだ進んでおらず、これからの作業になる。


まず、1のAFの資料整理についてだが、
これまでの4回の整理で、ボックス4箱分の整理ができている。
その内訳は、
Fes機 91〜93のAF
94〜96のAF
98のAF ↓
Fes供 89のAF
99のAF
99のLittleAsia(以下LA)
00〜のAF
印刷物機陛玄用=きれいなもの)
:84〜99のAFのチラシとポスター
 00〜のAFのチラシとポスター
 I am Alice(今まで出てきたもの)
その他機Д▲螢昂狆豐慙△修梁将 ↓◆AF・LAに関係ないもの)
 西村さんと丹羽さんの個人的なもの(手紙など)
 TAが制作した公演の資料

さらに、Fes気鉢兇亡悗靴討蓮△気蕕忘戮く分類していて、
・制作 =手紙、FAX、参加団体資料、企画書 ※LAを含む
・助成金 =申請書、報告書
・MassMedia =レビュー、雑誌、新聞
・チラシポスター=保管用 ※5枚のほかは廃棄処分
 最も綺麗なものは展示用として1枚別にとって置くこと(これは展示用のファイルに入れる)

以上、ここまでの分類を、これからは一次分類と称する。
つまり、一次分類は、
資料をAF関連、印刷物関連、その他、に大きく分け、
さらにAF関連の資料を、制作、助成金、MassMedia、チラシポスターに、
細かく分けることである。

次に2の劇場・上演記録についてだが、これはチラシのファイルを、TAから荻窪に持ってきたところである。


【2.全体図の作成に向けて】
二つの大きな柱を中心に、TAがやってきた活動の全体図を今後作っていきたい。
AFと貸し劇場以外の活動としては、
・Little Asia及び国際交流
・劇場の経営 ※有限会社からNPOへ、どういう経緯・メリットがあったのか?
・Tiny Alice制作の公演 ※TAが望んでいた演劇の形が、推測できるのではないか?
・CutINとIamAlice 

全体図が見えてきたところで、30周年企画で、具体的に行う内容に合わせて、
一次分類した資料を、二次分類していく。


【3.今後のスケジュール】
さて、一次分類が終わるまでには、
3人で、1箱(6ファイル)やるのに1日かかり、残っている段ボール箱は15個。
つまり、あと15日必要。

今後のスケジュールについては、
8/9  14:00〜21:00 第六回資料整理 
8/31 14:00〜21:00 第七回資料整理
9/5 14:00〜21:00 第八回資料整理
9/12 14:00〜21:00 第九回資料整理
9/20 14:00〜21:00 第十回資料整理
9/28 14:00〜21:00 第十一回資料整理
8/3,4,5のどこかで、TA客席下に収納したダンボール箱の個数と中身のチェック


【4.補足】
ちなみに、
印象事務所にある、資料の段ボール箱は4個
印象ゲストハウスにある、資料のダンボール箱は10個 ※内訳は以下
・ファイル('83〜'92、'97)
・ファイル('90より前のもの、新聞)
・ファイル('90〜'96)
・ファイル('95〜'99)
・ファイル(〜'96)
・ファイル('96)
・ファイル('02〜'04)
・ファイル('06)
・ファイル(無記入)
・黄色ケース(CUT IN)
・その他=ゴミ袋(ポスター)
| 23:59 | 資料整理作業記 | comments(0) | trackbacks(0) |